"冷えは病です" 冷えに悩む人を応援するサイト

あたため堂

黄帝灸の開発者 金子憲治先生に独占インタビュー!

私は電気温灸器として黄帝灸をとても優秀だと感じています。

ほとんど毎日使っていて、痛みや大きな病気を未然に防げていると感じています。

ところで、他の購入者からの評判はどうなのでしょうか?

いちユーザーとして他の人の感想も知りたいな、と思っていたところ、なんと黄帝灸製作者の金子先生に直接お話をうかがえることになりました!

より黄帝灸が好きになるような話ばかりでしたので、ぜひ読んでみてください。

製作者 金子先生に独占インタビュー

金子 憲治先生

  • 「僕」となっている部分は金子先生ご自身を指しています。
  • 「あなた」といっている部分は当サイトの著者(インタビュアー)を指しています。
ずばり評判はどうですか?

よても良いですね!

を見てもらえると分かりますが、★4以下の評価はほとんどありません。

たくさんのレビューをいただいておりますが、他の業者のように評価をお金で買ったり、割引で感想をもらったりするような、いわゆる提灯レビューはひとつもありません

ご購入されたほとんどの人が心から喜んでいただけているようで、僕も安心しています。

他の温灸器と黄帝灸の大きな違いは何でしょう?

他の治療器には無い黄帝灸の特長は、次の3点です。

  1. お灸+指圧のコラボレーション効果がある
  2. 体全体にあるツボにピンポイントで芯まで十分な温熱を注入できる
  3. 強い指圧効果で筋肉・腱・関節・リンパ節などをピンポイントですばやくゆるませる

目指したのは治療院で受けるような本格的なお灸を、手軽に安全に実現することです。

販売して感じたことはありますか?

黄帝灸は僕が長年使ってきた棒もぐさを、小さなサイズの機械で再現することを目指しました。

長い研究の末に実現は出来ましたが、値段が高くなってしまったことがネックです。ですがその金額ゆえ、本当に使い込みたい、冷えに悩む人が購入してくれています。あなたのように購入後何年も、毎日使っている人もいます。

そういう人が買ってくれていることがとてもうれしいです。はじめはまったく売れない期間が続きましたが、口コミや評判で買ってくれる人が増えていることがなによりの喜びです。

なぜ黄帝灸を作ろうと思ったのですか?

僕はビュルガー氏病(バージャー病とも呼ばれる難病の一種)を持病として抱えてきました。現代医療の治療を行いながら、ビワ葉温圧療法や漢方薬のおかげで深刻な病状を乗り越え、普通の日常生活が送れるようになりました。

ただ、ビワ葉温圧療法は棒もぐさという棒状のお灸を使用します。
使用する棒もぐさやビワ葉は日本では扱う店もすくなく、調達にとても苦労しました。

また部下の奥さんの末期がんの苦しみを見て、『安心して病室でもどこでも使用できる、簡単・手軽で・安全に・良く効く、ビワ葉温灸器を開発する事を目標』に開発をはじめました。

黄帝灸開発秘話としてまとめておりますので、お時間があったらご覧ください。

鍼灸院の先生が買っているそうですね

その通りです。僕もこれには驚きましたが、本職、プロの鍼灸師が購入されることが多くあります。

黄帝灸は本格的な装置だと自負していましたが、プロにも認めてもらえたというのは本当に自信になっています。

現在、鍼灸院が約40カ所、診療所などで10カ所ほどでお使いいただいています。
地域は全国的です。沖縄宮古島から札幌まで、また、シカゴやシンガポールなど、海外の治療院でも採用いただいています。

火を使うお灸はヤケドをしてしまう患者さんもいるようで、先生もとても気をつかうそうですが、黄帝灸を使うことで同じような温熱効果を得られ、安全になったと喜ばれています。

複数台購入される方はいますか?

もちろんいらっしゃいます。横浜市在住のE.K. 様は、家族から友人、知人と現在14台も購入していただいています。

豊中市在住のS.M. 様は、公務員ですが鍼灸師の資格があり知人にお勧めいただいて現在8台です。

その他、3台〜5台購入いただいている方々も多数いらっしゃいます。そこまで信じていただいていることにこころから感謝しています。

これからの展開を教えて下さい

まだ秘密ですが、購入者さんからいただいた感想を元に、あたらしい形の黄帝灸を考えています。先日から配り始めた黄帝灸の背当てブロックも、新しい展開の一つです。↓

お灸と黄帝灸 (5)

黄帝灸は、血行循環を促進して細胞を活性化し、身体に備わった自然治癒力、自己免疫作用を高める根本治療法です。

お灸(ツボを温めたい)が必要な人たちは大変な数の人たちです。

みなさんに黄帝灸の効果効能と便利さを分かってもらい、使ってもらうことが私の使命と考えています。

黄帝灸の特長を充分に活用できる使い方を、私自身が解説を入れた動画でもお伝えしていきます。
黄帝灸公式サイト

YouTubeで電気温灸器または黄帝灸で動画を検索

黄帝灸楽天市場店Facebookページ

にアクセスしていただくと、黄帝灸の使い方の動画を見ていただけます。

自作自演の動画ですのできれいな画像ではありませんが、使い方はご理解いただけると思います。
これからも動画の使い方解説を増やしてゆきますのでお待ち下さい。

金子先生、ありがとうございました!

終わりに

金子先生は小柄な方ですが非常に声が大きく、ハツラツと暮らしています。海外の企業のコンサルティング業もしておられ、忙しい月は毎週違う国にいらっしゃるとか。(英語ペラペラです!)

もちろん黄帝灸はどこにでも持って行き、会議の最中にもひそかに足に当ているそうです(笑)

胃の大手術を経験しながら元気に働かれていることに素直に感心しました。
きっとお灸の効果が出ているのでしょう。

私もしっかり黄帝灸を使っていこう、と改めて思いました。

黄帝灸の公式サイトはこちら

 

(Visited 769 times, 1 visits today)

更新日:


  1. […] 温まり方がお灸に近いという意見が多い感じです。 さすが、お灸を研究して生まれた製品ですね。 […]

  2. […] インタビューついでに開発者の金子先生にじかに聞いた情報です。(笑) […]

  3. […] 支払って搭載しています。そのためさらにコストに跳ね返ってしまうのが痛いところですが、黄帝灸独特の暖かさを実現するために決して外せない部品だ、と金子先生は説明されました。 […]

  4. […] 実はこの問題には黄帝灸の製作者さんも悩んでいたようで、ついに最近、背中に当てるためのクッションブロックが付属することに! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© あたため堂 , 2017 AllRights Reserved.